看護師

Satoe Shimo
下 里恵管理者

Q. 看護師になったきっかけは?

私が看護師を目指すきっかけとなる、これと言ったエピソードはありません。
しかし、子供のときに何気なく見たナースキャップが、どのように頭の上に乗っているのかが不思議で、自分も被りたいと思ったのが看護師に興味を抱いたきっかけです。
それ以来ずっと「自分は看護師になる」「人のためになる仕事をする」と心に決め、寄り道することなく進んでいました。成長とともに、いろいろな仕事を知りましたが、看護師で良かったと思っています。

Q. どのような仕事ですか?また、この仕事で得たものは?

今までの経験から、目指す訪問看護師の仕事は利用者様の想いを形にする仕事だと思います。
いろいろな病気や障がいを抱えながらも必死に生きようとされる方々の「どうされたいのか」「どのようなことを考えながら生活されているのか」などを聞かせていただき、それを実現するためにはどうすればよいのか考えた上で、関係機関と相談し、計画・実践することだと思っています。
そして、仮に問題が起こった場合には、振り返り、修正し、また実践する。その繰り返しの中で、利用者様とご家族様が求める在宅生活を支える支援者の1人として力を発揮できると思います。今後も携わる利用者様がこれまでどのような人生を過ごされ、どのようなことを考えてこられたのかを教えていただきながら、これからの人生をどのように選択していくのかを見守り、お手伝いしていきたいと考えています。
病院で勤務していたときには、患者様の病院内での生活を知ることで、全体像を把握していたつもりでしたが、在宅看護の経験を通して、まだまだ知らないことがたくさんあるということに気付かされました。利用者様との出会いを通して、看護師としても、1人の人としてもまだまだ未熟な部分を改めて認識させられました。また、成長したいとも思わせていただきました。

Q. この仕事の「やりがい」は?

看護師のやりがいは数えきれないほどあります。
日々の仕事の中でのやりがいもたくさんありますが、利用者様から「あなたと出会えて良かった」と言っていただけたときは嬉しく思います。
それ以上に、管理者の立場としては「ひのきの皆さんと出会えて良かった、嬉しかった」と言っていただけると本当に嬉しく思います。管理者として、良いスタッフを育成していくことも大事な仕事の1つであり、利用者様からひのきのスタッフのことを喜んでいただけることはこの上ない喜びです。
若いスタッフが一生懸命仕事をして、在宅看護の面白さを分かってくれたときも、私の思いを分かってくれたような気がして、やりがいを感じます。

Q. 今後の目標は?

「人のためになる仕事をする」と子供の頃から決めたことを、身体が動く間はやりたいと思っています。困っている利用者様のために、自分の持っている知識や経験を活かしながら、看護を提供する。また、管理者として人材育成も大きな目標です。

Q. 求職者の方へ
メッセージをお願いします。

ひのきのスタッフは、看護が好きで、利用者様の想いに寄り添い、その想いを形にしようと頑張っている人たちばかりです。思いやることのできるスタッフばかりですので、困ったときは良き仲間として協力してくれます。業務は忙しいですが、きっと楽しく仕事ができると思います。また、様々な利用者様との出会いも自分の人生を考えるきっかけになると思いますし、看護師人生の財産になると思います。また、私を含め、育児をしながら働いているスタッフも多数在籍しています。そのあたりはみんな同じ環境で働いていますので、安心して下さい。是非、一緒に働きたいと思われる方をお待ちしています。

理学療法士

Shinya Fukuzumi
福積 晋也主任

Q. 理学療法士になったきっかけは?

医師、看護師、臨床検査技師など医療に関わる職業を探している中で、リハビリ職という職種の存在を知りました。そのなかで理学療法士になろうとしたのは、『理学』という言葉の知的なイメージがきっかけです。

Q. 「ひのき」に入社した理由は?

過去に入職していた職場の異動で、急性期、慢性期の病院、介護老人保健施設、通所リハビリ、訪問リハビリと多様な時期に介入する経験をもつことができました。その中でも、在宅で関わる難しさとやりがいを感じていました。継続して関わることができること、医療、介護分野双方の面からアプローチができること、事業所内でも多職種と協働できる環境で働きたいと考えたからです。

Q. どのような仕事ですか?
また、仕事で得たものは何ですか?

利用者様が在宅生活を継続できるように身体、動作面及び環境面のそれぞれに対して適切な時期に助言や介入など柔軟な対応が必要な仕事だと思っています。利用者様、ご家族様が持っている様々な価値観、考え方に寄り添いながらも、リハビリ職として立ちまわる役割と責任を感じながら関わる大切さを知ることができたことです。

Q. この仕事の「やりがい」は?

ヒトが変わる瞬間に立ち会うことができること。同じ利用者様はいないので、個別性を重視した上で、いかにその人らしく生活できるかについて、考え抜く機会をいただけることがやりがいに感じます。

Q. 今後の目標は?

利用者様、他事業所、他職種など相手の立場を踏まえた上での発言、意見の調整などの柔軟な対応や相手の理解度に応じた丁寧な説明がいかなる場面でも行えることを目標としたいです。

Q. 求職者の方へ
メッセージをお願いします。

現状に満足せず、向上心を持ち、常にチャレンジする姿勢を持ち続ける方と一緒に働きたいと考えています。社会人としての立場だけでなく、医療人としても共に成長していきましょう。

作業療法士

Natsuko Imai
今井 那津子副主任

Q. 作業療法士になったきっかけは?

高校生の時に親戚のおじいさんがクモ膜下出血を患い、お見舞いに行った時にリハビリを受けている姿を見学し、その職業を知りました。
また、退院後、障がいのために動き辛い身体で生活する姿や介護する人の大変さを目の当たりにし、家や地域でも生活しやすくなるための支援ができないのかと思うようになりました。
身体機能や認知機能だけではなく、日常生活や趣味活動などの幅の広い場面に関わることができる作業療法士に魅力を感じ、在宅や地域で作業療法士として働きたいと思うようになりました。

Q. 「ひのき」に入社した理由は?

病院や通園施設など、通う場所でのリハビリではなく、“生活の場” でリハビリを実施できる職場を探していました。
また、小児リハビリにも携わることができる訪問看護を探していたので、入社を希望しました。

Q. どのような仕事ですか?
また、この仕事で得たものは?

利用者様の生活や生き方に寄り添いながら生活の現場で評価し、より「その人らしい生活」にするための支援を行う仕事です。
その状態によっては、なるべく維持・継続することが目的になることもあれば、刻々と変化する病状や成長の過程において、利用者様の「生活の質」を高めることに取り組むこともあります。
小児リハビリにおいては、ご両親やご兄弟、祖父母、通園、学校など関わる人や生活する場所が多岐にわたります。それぞれ違う場所で違うことをしていても同じ方向を向いて進めるよう、作業療法士として成長の特徴を評価し、情報共有し意見を出し合い普段の生活に取り入れていただくことで発達を促進することができます。
つまり、利用者様にとって、ご自宅や生活する地域がそのままリハビリテーションの場となり、関わる人々と共に喜びを分かち合える仕事です。

Q. この仕事の「やりがい」は?

利用者様やそのご家族様の生活のしづらさや不安、痛みや苦しみを少しでも和らげることができた時、できなかったことが “できる” ようになった時にやりがいを感じます。
それだけではなく、暮らしの中で利用者様が楽しめることは何か、ご家族や関係者との関わりが充実するための方法は何かを考えることが、作業療法士の仕事であり、やりがいです。

Q. 今後の目標を教えてください。

人間力を高め、作業療法士として成長することです。
そのために、病気や障がいがあっても地域のなかで利用者様やそのご家族の生活が少しでも暮らしやすくなること、その人らしい生活ができること、楽しみややりがいが増えることへの支援を、ひのきの仲間や関係者、地域とつながりをより深めながら取り組み続けることです。

Q. 求職者の方へ
メッセージをお願いします。

医療の発展に伴い、医療的ケアを必要とする子どもから高齢者、難病、小児慢性特定疾病など、年齢や病気は多岐にわたります。
病気や障がいを問わず、看護師、PT、OTが専門的な知識と技術で在宅生活をサポートできる仕事です。ご自宅での対応だけではなく、利用者様が関わるご家族、ご兄弟、主治医、病院関係者、相談員やケアマネジャーなど、教育機関等、他職種の関係者と情報共有を行います。
また、在宅ではタイムリーに主治医や関係者に相談できないことも多く、リハビリに使える物品も十分ではないため、医療従事者としてのアセスメント能力や判断力が必要になります。訪問の現場では基本的に一人で対応することが多いですが、ひのきは経験者が多くアットホームな雰囲気の職場なので相談しやすい環境で、可能な限り同行や代行を行っています。
利用者様の生活や価値観を共有しながら、利用者様やご家族様の笑顔が広がるよう医療職としてのスキル向上だけでなく、利用者様を第一に考え価値観の多様性に柔軟に対応できるよう人間力を高める職場を目指しています。ぜひ一緒に学び、悩み、諦めず根気よく取り組み、喜びを分かち合いましょう!